2012年 01月 06日 ( 1 )

冬の八ヶ岳へ…天気予報外れるorz

御挨拶が遅くなりましたが…
旧年中にお世話になった皆様、本当に有難うございました。
2012年も御迷惑をお掛けすることと思いますが懲りずにお付き合いの程
どうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
2012年という年が皆様にとって実りある一年で有りますように!
そして日本が再生する一年で有って欲しいと願っております!


さて12月は珍しく何やかんやと公私ともに忙しく、ブログも全く更新できないままバタバタと年を越してしまいました(´ε`;)
年末年始の山行も直前まで計画が定まらず、アレコレ迷ってやっと赤岳天望荘に予約を入れたのが30日。
本来なら31日に登って山小屋に泊まり初日の出を拝むというのが理想なのですが、30日まで仕事であった事と何より元日の朝の天気予報が良くなかったため(多くの地域で初日の出は拝めないとの予報)、敢えて宿泊日を元日としました。
そして二日の朝に素敵な日の出を迎える♪…その予定だったのですが…


大晦日の夜中に高速を走り、辰野で仮眠ののち八ヶ岳山麓に朝到着。
夏に登ったときは美濃戸口にある八ヶ岳山荘の駐車場に停めさせて貰ったのですが、
今回は美濃戸山荘手前のやまのこ村の駐車場に停めさせて貰うことにしました。
駐車代は一日1000円×二日=2000円 と八ヶ岳山荘の倍ですが、林道歩き約一時間が短縮できるのは大きいです。
ただこの林道は美濃戸口からの登山者も歩いておられるので徐行で、そして脇に避けて貰ったら会釈をしつつ走行します。
a0118466_0515782.jpg



今回取ったコースは…

【一日目】 
やまのこ村→美濃戸山荘→(北沢)赤岳鉱泉→行者小屋→文三郎尾根→赤岳山頂→赤岳天望荘

【二日目】
赤岳天望荘→地蔵尾根→行者小屋→(南沢)→美濃戸山荘→やまのこ村



雪は少なめでした。
a0118466_110266.jpg

また登った日は例年になく穏やだったらしく、『こんな優しい冬の八ヶ岳は初めてだなあ』 との事でした。
a0118466_1104636.jpg




赤岳鉱泉ではアイスクライミングが出来るんですね~^^
a0118466_1121935.jpg

a0118466_113747.jpg




こちらは行者小屋での風景。
此処まで汗をかかないようにダラダラと約三時間強歩きました。
a0118466_1152926.jpg

今回の荷物は軽い目に(機材は5D2とレンズ二本)
a0118466_116373.jpg

あそこを目指し歩きます。
此処からが急になるので皆さん此処でアイゼン装着です。
a0118466_1175921.jpg



文三郎尾根突入、でも天気が悪くなってきました。
a0118466_1185594.jpg

下山するグループとスレ違います。皆さんロープで継ってます!
こういうの見ると単独が少し不安になります(^^ゞ
a0118466_1201712.jpg

階段の連続でヘロヘロになりながら、やっと権現岳との分岐。でもよくルートが判らん(゚Д゚;)
a0118466_1231694.jpg

この矢印が埋もれてたら困るかも…
a0118466_140477.jpg

この辺ではもうかなりヘロヘロ~。でももう少しの気がする。
a0118466_1405756.jpg


【そして突如、鉄梯の先に岩に刺さる三本の鉄の棒が見えた!やっと頂上~。】



写真は頂上付近の様子。少し晴れ間が…でも富士山は見えずでした。
a0118466_1424254.jpg



その後すぐ天望荘方面に下り、チェックイン。結構いい時間になりました。
夕食済むまでなら、お茶・お湯・コーヒー・甘酒まで飲み放題。
しかも夕食はバイキング、正月限定?生ハムと手作りチーズも…これで一泊9000円は安い!
a0118466_1544510.jpg



そして次の日に備えて…というよりは寝不足と疲れで飯食って速攻布団に潜り込む!
でも布団が臭い(T▽T) 仕方ないから目出し帽被って寝る(笑) 明日の絶景を夢見て♪


そして待ちに待った朝~!


ところが…
外は風がビュービュー、ニュースでは低気圧がとか冬型がとか言ってて…山小屋のスタッフさんも天気図貼り出して少し緊張気味。

m「今日下山できますよね?」

ス『その人の技量にもよりますけど…』
ス『下山する方は出来るだけ纏まって下りてください。これから天気ドンドン悪くなりますから~』って。

おいおい(゚Д゚;)

年末から泊まり込んでる山岳写真家グループは
『明日はバッチリ晴れるから』ってもう一泊するらしい。

もう一泊するか迷ったけど風もそのうち治まってきて、次の日夜景仲間と待ち合わせもあるんで結局は下山することにしました。
幸い数人で固まって下りることになり最後尾を山小屋スタッフさん?ガイドさん?がついててくれたので安全に下山することが出来ました。

実は、写真が撮りたくてキョロキョロしてたせいか、『もうココまで来ればイイでしょう!』って言ってくれて途中で一人写真撮影のために離脱。


a0118466_2241813.jpg

a0118466_225898.jpg


残念ながら赤岳も最後まで姿を見せてくれず、結局まともな写真は一枚も撮れなかったけども…
冬の八ヶ岳をほんの少しかじれた事は今後に繋がるイイ経験が出来たのではないかと思います。

でも本当の冬の八ヶ岳は何人かに言われたけどこんなもんじゃないんでしょうね。
それを肝に銘じつつ、今後何度も行ってみようと思いました。
[PR]
by moccori41moroyan | 2012-01-06 07:00 | 撮影登山 | Trackback | Comments(10)