穏やかな春の南アルプス



GWは今年もテント担いで南アルプスに入りました。
月齢が良ければ北ア方面で星撮りをしたかったのですが。

昨年は仙丈ケ岳に行ったので今回は甲斐駒ケ岳に…
仙流荘バス停から歌宿までバスに乗りそこから約2時間の林道歩きを経て長衛小屋テント場に到着。
ただGW中日に天気が崩れる予報だったので一泊だけにしました。

今回も5年前に自宅近くの山ショップ・WILD-1で購入した12,000円程度の安物テントが活躍してくれましたw
重さは2kg程ありますがコストパフォーマンスはかなりいいと思います。
本当はもっと本格的な山岳用テントが欲しいのですが^^;
a0118466_21342918.jpg

さて、宿を設営して ご飯を食べて 少し仮眠して 出動です。
因みに此処から山頂まではCTで4時間30分だそうです。





事前情報どおり今年は雪が非常に少なくこの時期なのにアイゼン要らず。

a0118466_22031458.jpg
月に照らされて幻想的?な地蔵・観音・そして富士山



a0118466_22593656.jpg
摩利支天と・・・


a0118466_23070559.jpg
甲斐駒ケ岳☆






a0118466_23221164.jpg
もう直ぐ朝日が昇りますね



a0118466_23231042.jpg
抜けのいい空ではないですが…


a0118466_19492515.jpg
山頂の景色です058.gif


a0118466_20340184.jpg
自撮りの記念撮影w



a0118466_23331378.jpg
槍・穂高も見えてます♪



a0118466_23331600.jpg
仙丈ケ岳と中央アルプスも綺麗に見えてます♪




今年は歩いていても暑いくらいでもう既に夏山の様相^^;
久しぶりの登山だった事と合わせてヘトヘトになりました(笑)
しかし念願の山頂からの富士山も撮れてまあまあ満足なお山でした!

下山してテントを撤収 急いで林道歩いて帰りました。

オソマツ★










[PR]
by moccori41moroyan | 2015-05-05 23:41 | 撮影登山 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://moroyan.exblog.jp/tb/21196124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by noah_3776_2 at 2015-05-06 09:47
無事の下山で何よりです。天気にも恵まれて良い日に登山することができ富士山も見えて良かったですね。
雪融けが進んで緑も見え目にも心にもいい景色ありがとうございます。
見覚えのあるテントを背負うと20Kg程になるんでしょうが登山にはそれだけの魅力があるんでしょうね。
Commented by seroko4320 at 2015-05-06 20:49
さすがの、風景ですね。
軟弱モノ・・・いえ、か弱い乙女でも撮れそうな。
素敵な場所とか、あるといいのに。
Commented by moccori41moroyan at 2015-05-07 06:16
*noah3776さん
今回はバケペンは置いていったのですがそれでもテントを入れるとやはり20kgは超えますね。
でも今回のテント場までは林道2時間程なので…。
テント場~山頂まではもう少し軽い荷物で行きますがそれでも今回はひさしぶりだったのでキツかったです(^^;
Commented by moccori41moroyan at 2015-05-07 06:24
*serokoちゃん
軟弱もの…いやw か弱い乙女さんでも行ける場所は多分ありますよ。
星景なら大台ヶ原、富士山なら甘利山とか新道峠とか高ボッチとか…
そうそう南アルプスの千枚岳(登山だと5~6時間)にバスで連れていってくれるってツアーも有りますよ(笑)
Commented by なつ2396 at 2015-05-07 17:46 x
素晴らしい景色で
思わず 作品を見て
深呼吸しちゃいます (*^o^*)
いかに酸欠か分かります(汗)
お天気良くて本当に良かったです

カメラマンさんは スクリーン越しに景色ばかり見てたりしませんか?
何もせず ぼ~とずっと眺めて居たいですね~ 刻々と変わる景色と雲海 最高でしょうね
20K(°□°;)
三分の1以上がカメラ機材 カメラマン登山家さんは大変ですね~
愛機は置いて来れないし 毎回迷う カメラ機材 てな感じでしょうかo(`▽´)o

素敵な作品をありがとうございます

所で箱根大涌谷 凄くガックリして連休は自宅でした (泣)
富士山も見えて大好きな場所だったです
Commented by moccori41moroyan at 2015-05-09 06:24
*なつさん
朝日が昇るまでは写真撮影に没頭してますがその後はゆっくり景色を眺めたりもします。
まあ、とは言ってもどうしてもカメラマン目線で見てしまっているので普通に山を楽しんでいる方たちとは違うかもしれません(^_^;)

テント場から撮影で山に登るときは機材が中心なので少しは軽くなります。ガッツリ撮影しようと山に入る時はテント・食料・水なども入れると25kg超えますがそれでも軽いほうです。タフな人たちは 30キロ以上の荷物をかついで山へ入って行きますよ(笑)

箱根 大涌谷…早く収束するといいですね!
Commented by Atwight at 2015-05-10 20:46 x
こんばんは。
さすがの作品ですね。^-^
甲斐駒から見る富士山、手前に広がる鳳凰三山、地蔵のオベリスクがしっかりと見えます。
高いところから見る景色は格別ですね。
自分もこういう所に行きたいなぁと思い、少しずつ丹沢の山を回っていますが、
いったい何時になることやら。。。^^;

それに星の勉強もしないととは思っていますが、何から手をつけて良いのやら。。。
とりあえず、北極星は判断できるようになりました。

夜景は単独ではなく何かと組み合わせなければならない、と改めて思いました。
Commented by moccori41moroyan at 2015-05-11 23:41
*Atwightさん
いえいえ、わざわざ甲斐駒ケ岳に登ったのにこれと言った写真も撮れずでお恥ずかしい^^;
ところでアトさん山登りもされてるんですね~。
自分は丹沢は行った事ありませんが結構奥深い山のようなのでかなりいいトレーニングになってるでしょう。
南アルプスに行ける日もそう遠くないと思いますよ^^

星の勉強は…自分もなかなか星座が覚えられずに困っていますが、頻繁に星空を見上げてるとある程度はわかってきますよ。まあそれでも子供の頃から星空と付き合ってる人達にはかないませんが・笑

Commented by のん at 2015-05-20 22:05 x
上から3枚目プロの腕でしょうか。甲斐駒ヶ岳神秘的で素晴らしくその姿を写し出しておりますね(*^-^*)

一番下とても広大で魅了させられます。見せていただきましてありがとうございます(o^o^o)
Commented by moccori41moroyan at 2015-05-23 05:58
*のんさん
見て頂き有難うございます。
プロの腕前は言い過ぎですね(^^;
自身の構想力の無さに嫌気がさす時も有ります(笑)
<< 40万8,742km 久しぶりの星空と「君の知らない物語」 >>