新穂高→鏡平→双六池(2011年秋)


10月10日の祝日、もうどうしようも我慢ならず駄目元で休みの申請をしました。
休めない休めないとTwitterで呟いてるんですけど…
実はこの休みの申請、断られた事は殆ど有りません。
(うちの社長、人は悪くないので^^)

ところが仕事内容上、休めた事も殆ど無いのです(笑)

でも今回、上手く休めた。しかも有給w
世間は三連休ですが何とか手に入れた二連休♪有効に使いたい。。。

どこに行こうか散々迷ったのだけど、、、
槍ヶ岳とあと山の紅葉を求めて双六岳の辺まで行ってみることにしました!

コースは。。。
【一日目】
新穂高温泉→わさび平小屋鏡平(鏡池)双六池テント場でテント泊 ※双六岳又は樅沢岳で撮影

【二日目】
双六池テント場撤収→鏡平→新穂高温泉へ下山



土曜の夜に仕事終わりで新穂高の無料駐車場に入り、そこで朝まで仮眠。
因みにこの駐車場、前日からの連休組で既にほぼ満車状態!
自分は夜10時頃着きましたが、残り20台程度しか空きが無かったように思います。

明け方に目が覚め空を見ると満天の星、ワクワクしてきます!
準備をして5時頃、いざ出発です。
トイレを済ませ登山届を。。。
っと、そのトイレの前で一人のオジサンに話しかけられます。
金沢から来た方Sさん、趣味で画を書く方なのですが、
この後、不思議なご縁で双六までずっとご一緒することになりました(^.^)

a0118466_22351050.jpg
鏡池でスケッチするSさん。後日、大きな油絵になるそうです!でもこんな高い山に絵の具やキャンバス持ってくる人って初めて見ました(^。^)



Sさんの強いススメに負けて、重いから置いてきたPENTAX67を取りに戻り6時過ぎに出発!
これで重量は約24~25kg 。。。元々の体力不足が加わりゴボウ抜かれ(~_~;)
Sさんの『我々は目的が違うんだからゆっくり行きゃ~イイんだって!』
の言葉通りゆっくりゆっくり登りました。

長い長い小池新道…よく整備されててとっても綺麗な道でした!
歩くだけでもキツいのによくこれだけ整備してくださったものだと思いながら歩きました。
a0118466_0184450.jpg
a0118466_0181589.jpg



お昼過ぎ、ようやく鏡平に到着!
Sさんスケッチを始め、自分は写真を撮ります。
鏡池…想像してた池とは随分違ってましたけど(汗)でも槍ヶ岳が映り込んで雰囲気は出してます。
a0118466_2335252.jpg

朝は槍ヶ岳の方面から日が昇るので逆光になるみたいです。小屋に泊まって夜に星を撮ったら綺麗なのかもしれませんね。

Sさん、ここで注目の的に待ってました。皆が画を見に寄ってきます。
実際に書かれた画の写メを見せてもらいましたが素晴らしかったです!
まだ画を始めて三年だそうですがなんども入選されてるとか。。。凄いですね~。

チョットのんびりし過ぎました、うどん食って午後二時過ぎ慌てて出発です。しかし槍ヶ岳がこんなに近くにいつまでも見ていたいです♪
a0118466_23151614.jpg



双六が混んでると聞いてテント場が空いてなかっら?と焦る自分
小屋泊り、山に慣れてて『大丈夫、ゆっくり行きゃいいって』とマイペースのSさん
Sさんに断って先に行かせてもらうことにしました。
a0118466_23241310.jpg
弓折岳稜線から見た鏡池小屋


ヘロヘロになりながら何とか双六池テント場に到着♪
慌ててきたけど、テント場ガラガラでした(´ε`;)

ここでも撮影は双六岳か樅沢岳に登って夕照に照らされた槍ヶ岳を撮るのが良いのだけど
夕方からガスってきててあんまり良さそうじゃなかったのと、それ以上にスッカリ疲れ果ててしまって
設営して、一旦休んで夜に出撃することにしました。

飯食って、小屋でSさんと談笑して夜の8時。。。
10時に目覚ましセットして、おやすみなさいzzz
[PR]
by moccori41moroyan | 2011-10-13 00:19 | 撮影登山 | Trackback
トラックバックURL : https://moroyan.exblog.jp/tb/13798861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 樅沢岳→鏡平→新穂高(2011年秋) 10月のcalendarを作っ... >>