氷上の槍ヶ岳【再投稿】


※加筆・修正しました



前回、不満の残る撮影結果だったので
もう一度、天狗池に行ってきました。


槍ヶ岳に雪が降ったのと
未明に細いながらも月が出るのでそれを期待して…



星景撮影なので危険ですが今回も夜間行動です
槍沢ロッジのブログに登山道の標識は撤去したと書かれていたので
天狗池への分岐で迷わないか不安でしたが…


やっぱり迷いました(*ノωノ)


地図と高度計を見ながら登ったり下りたり
あっちへ行ったりこっちへ行ったり
1時間だったか2時間だったか
天狗池への道を見つけるのに随分時間と体力を消耗しました





池への登山道へ入りふと空を見上げるとオリオン座が!
撮らなきゃっていう強迫観念に迫られて撮った一枚ですw
少しでも早く着きたいのにザック下ろしてカメラ出して三脚立てて…
その作業が非常に面倒くさく感じる瞬間でもあります


以前はもっとがむしゃらに撮ってたのになぁ?
道草食い過ぎて本命逃すってのもあったような気もしますが^^;



a0118466_05590083.jpg
【天狗池に向かう登山道から】
6D2 + Distagon T* 2/25 ZE










そしてやれやれ何とか天狗池に到着しました
ただし池は完全に凍結していました

これでは逆さ槍ヶ岳星景は撮ることが出来ません
残念(´・ω・`)


でも逆さ槍は見れませんでしたが
氷上に薄っすら雪を纏った槍ヶ岳を撮ることが出来ました。


月のない時間ですが取り敢えず一枚☆
雪があると前回とは雰囲気が変わります
a0118466_07551119.jpg
【氷上の槍】
6D2 + Distagon T* 2/25 ZE




かなりの睡魔に襲われていたので岩の窪みの雪を払ってフォームパッドを敷き
防寒着を着込んで寝袋を無理やり被って月が出るまでウトウトしました

厳冬期とは比べるべくもないですが
それでも寒くて山はもう冬の様相…
「目ぇつむって大丈夫かなぁ?」って思ってみたり




時折吹きつける強風に震えながらも2時間半ほどはウトウトできなのかぁ?
目を開けたら満天の星!
暫くボーーーーーッと空を眺めます
「・・・・・・・感動!」



会社とかで「なんでそんな思いまでして山に登るん?山のどこがええの?」と尋ねられますが
こういう心を奪われる瞬間があるからでしょう

「それは登ったもん(者)しかわからへんわ~…」って答えてますけど







薄い月が昇ってから超広角で
a0118466_08234463.jpg
【天狗池と北天の星達】
6D2 + Samyang XP14mm F2.4







逆さ槍ヶ岳の星景写真は来シーズン以降にお預けとなりましたが
今回また違った素敵な景色に出会えて良かったです


これで下山の足取りも軽くなる…筈だったのですが
帰りの横尾から上高地の10KM程の道は相変わらずゲンナリでした(笑)





















[PR]
# by moccori41moroyan | 2018-11-08 06:07 | 星景 | Trackback | Comments(0)

北岳山荘の夜Ⅱ






夜明け前…
月が沈みかけの時間帯に撮影

a0118466_05563054.jpg
※9月に登った北岳山行にての一枚








[PR]
# by moccori41moroyan | 2018-11-07 06:00 | 撮影登山 | Trackback | Comments(0)

北岳山荘の夜



久し振りに山荘側へ来ました
富士山の眺めは肩の小屋よりこちら側
でも甲斐駒見るなら肩の小屋
選択が難しいです

a0118466_05482908.jpg

自分は公衆トイレ前にテントを張ったので
人様のテント風景を拝借






[PR]
# by moccori41moroyan | 2018-10-16 06:01 | 山岳 | Trackback | Comments(2)

秋晴れの日




この日は仙流荘でのバス待ちが酷くて
北沢峠からバスを乗り継いで広河原に着いたのは10時を過ぎていた


写真を撮りながら山小屋へと急ぐ
a0118466_22251702.jpg
北岳トラバースにて 9月23日撮影







[PR]
# by moccori41moroyan | 2018-10-14 22:38 | 山岳 | Trackback | Comments(0)