<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

長谷川等伯 -智積院-



a0118466_3575563.jpg



写真家・相原正明氏の誰も伝えなかった ランドスケープ・フォトの極意
を読んで妙に説得力が有ったので見てきました。





京都智積院の長谷川等伯の国宝障壁画
a0118466_356194.jpg





等伯の息子、久蔵作 『桜図』 ※模写です
a0118466_3563185.jpg

この画に全精力をつぎ込んで翌年若くして(享年26)亡くなったそうです。






等伯作 『楓図』 ※模写です
a0118466_3563440.jpg

息子の死を哀しんだ等伯が世の無常を表した作品だとか・・・





世界最高峰の障壁画から何かを感じ取ろうと
自分なりに長い時間見つめて格闘しましたが…
まだまだ未熟のようで(汗)
今回はうまく何かを掴むことは出来ませんでした^^;





 

a0118466_3574890.jpg

これらの作品に込めた作者の想いとか吹きこんだ精神とか
正直今はよくわかりませんがそういったものが感じられる様になれば
少しは写真が上手くなるのかも知れませんね~。

今度は、相原さん絶賛の 『松林図屏風』 を見てみたいです!
[PR]
by moccori41moroyan | 2014-03-21 04:43 | 其の他 | Trackback | Comments(7)

硫黄岳 -3/09-


先週の日曜日の話です。すいません^^;


関東の大雪の影響や急ぎのデータ処理&パソコンのあれこれで
すっかり怠惰な週末が続き怠け者モードの身体に・・・
これじゃいかんと半ば無理やり山に行ってきました(汗)

今回は今まで行った事のなかった硫黄岳に
日帰りなので星とか朝焼けの写真が撮れないのが残念(泣)


車は平ワゴン4WDなのでいつも通り八ヶ岳山荘の駐車場へ
林道歩きは往きは良いのですが帰りは堪えますね^^;
美濃戸山荘を行きう車は避けても手を上げないドライバーの多いこと・・・


a0118466_2253029.jpg
赤岳鉱泉名物?アイスキャンディー♪
登頂前にコレをするとアイゼンの使い方が良くわかる!
みたいな事が何かに書いてあったけど、一回やってみたいなぁ




a0118466_22562078.jpg
かなり上のほうまで来ました♪
かんじき持ってる人達もいますね!


この日は団体さんが多くて何度も待ちました
普通登り優先なんですが独りだと待つほうが楽なんですw
「どうぞ~♪」なんて言われると 『ええ~(汗)』っと慌てて登って
アイゼン引っ掛けてズッコケル…みなさん沈黙みたいな(T-T)




a0118466_2314514.jpg
もう少しで森林限界




a0118466_232292.jpg
見えてきました八ヶ岳の峰々



a0118466_2331311.jpg
控えめですが樹氷と青空も待ってました♪


a0118466_2335650.jpg
空が蒼すぎるくらいです



a0118466_2345816.jpg
そして見たかった光景!


a0118466_2353050.jpg
山頂までもう少し・・・でも失速(笑)


a0118466_2374619.jpg
やっと硫黄岳山頂


a0118466_2375189.jpg
・・・と爆裂火口
通称【チョコレートブラウニー】(らしいとある方から教えてもらったw)
確かに美味そうだと思う^^ちなみに甘いもの大好き♪


a0118466_2313350.jpg
そして横岳・大同心・赤岳
機会があったら此処で星撮りしたいな~っと憬れてる場所でもあります^^



ちょっとゆっくりし過ぎたので急いで下山
17時に八ヶ岳山荘を後にしました
高速もスムーズに走れて22時には帰宅、嬉しい誤算でした^^
[PR]
by moccori41moroyan | 2014-03-16 23:20 | 撮影登山 | Trackback | Comments(6)

パソコン


a0118466_056566.jpg
横岳と大同心


約4年程使っていたパソコンがいよいよヤバくなってきたので
パソコン工房でアウトレット品に手を出したんですが・・・

どうもハズれを引いてしまったらしく いきなり調子悪くて(汗)
データの引越しだけ済ませて即入院修理…本日やっと戻って来ました。

諸々のデータの引越しとか初めてだったのでちょっと戸惑いましたw
ほとんど写真関係のモノなのでかなりマシだったとは思いますが・・・


作っておいて更新できなかった3月のcalendar壁紙は来月に繰り越します。
[PR]
by moccori41moroyan | 2014-03-14 01:01 | 其の他 | Trackback | Comments(5)