2017GW 憧憬の北穂高岳へ


GWは富士山を撮りに南アルプスにいくことが多かったのですが
悩んだ末、今年は星空を撮りに北アルプスにいくことにしました。

何度もいってる燕岳以外でどこがいい?
自分のレベル的にどこの山ならいける?
唐松岳とか白馬岳とかどうなん?
奥穂は?(いや、それはないわ~^^;)
といろいろ思案しているうちにある憧憬を思い出しました。
山岳星景の大先輩(歳は下なんですけどねw)の北穂からの星空
数年前に拝見してから憧憬の一つに加わったのですが…
いろいろ条件も合わずずっといけずにいたのでした。


このGWは北穂高岳に決まりました。



今年はどこの山も例年より雪が多く雪崩の危険が高いとのこと
入山前から雪崩のニュースがありましたし
ヤマテンの予報でも早い時間の行動が呼びかけられていました。


当初、一日で北穂高小屋までいくつもりだったので
朝一の上高地ゆきのシャトルバスに乗り 上高地~横尾~涸沢と急いで歩きます。

…が、自分が涸沢に着いたころにはもう既に
あずき沢や北穂方面での雪崩情報があって慎重な判断が求められる状況でした。
早い時間から気温が上がって歩いてると暑いくらいでしたから…


しかし、自分はそれでもいこうとしたんですよね…大汗
撤退してきた先行者の人たちに
「目の前で雪崩た、あれはないわ。やめた方がいい。みんな引き返してくる。」
そういわれてやっと思いとどまりました。

「晴天率が高い時に撮影を!」
と思うあまり冷静さを欠いていましたね、反省です。




その日、小屋で隣になった方から
その方の先生(山野井さんなどの先輩にあたる方だとか)の話を聞かせてもらいました。

『山ではチキンハートが大切なんだ。』
『周りはみんな死んでいったけど、自分はチキンだったから今も生き残ってる。』
のだそうです。

そして
「撤退する勇気が持てるようになったら山では一人前なのかなぁ…」
とその方は仰ってました。


本当にそのとおりだなぁ…
山ではもっと臆病になって行動しなければいけないと心に染みました。




a0118466_14132978.jpg
そして念願の北穂高岳登頂



a0118466_14150301.jpg
そして淡い朝焼け




北穂高への斜面はなかなか急ですね。
「うわ、これ滑ったら止れる自信ないわ(;´・ω・)」
と思いながら怖いもの見たさで何度も振り返ってました。



肝心の星空どうなった!?
























[PR]
by moccori41moroyan | 2017-05-07 14:33 | 撮影登山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moroyan.exblog.jp/tb/23865609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2017GW 憧憬の北穂高岳へ... 続・初めての西穂エリア >>